歯磨きの仕方を知ろう

正しい歯ブラシの使い方

小さい頃から、きちんと食事をした後は歯を磨かなくてはならないと教わった人がほとんどだと思います。
汚い状態をそのままにしておくと、口内でバイ菌が繁殖します、
すると虫歯や、その他の病気を引き起こして大変なことになります。
病気になると、病院へ行って治療を受けなければいけません。
歯を削ったり抜いたりするので、大きな痛みを伴います。
ですから大人でも、歯医者を苦手だと感じている人も多いでしょう。
歯磨きをしていれば、病気の予防ができるので歯医者のお世話になることはありません。

ですが、正しい歯磨きができている人は少ないと言われています。
小さいころは丁寧に磨くことができていたかもしれませんが、年齢を重ねるとだんだん適当になってしまう人がいます。
長い時間をかけて磨いても、適当になっていたら意味がありません。
正しい磨き方を知って、虫歯の予防に繋げてください。
忙しい時はゆっくり歯を磨くことはできないと思っているかもしれませんが、いくつかのポイントを抑えていれば良いので案外簡単です。

また、磨く時間帯も重要です。
朝は忙しく時間がないという場合は、夜に念入りに磨いても良いでしょう。
できれば朝、昼、晩の3回は磨くことをおすすめしています。
持ち運びができる小型の歯ブラシが販売されているので、学校や会社に行く人はそれを携帯すると良いでしょう。
こまめに磨くことで、1回の時間が短くても歯の綺麗な状態を長くキープできます。

歯磨きの方法とは

力を入れて、適当に歯ブラシを動かしている人が見られます。 それでは磨いたことになりませんし、無駄に歯を傷つけているだけです。 歯ブラシの刺激によって歯が傷ついて、病気を引き起こす可能性があるので注意してください。 歯ブラシの使い方を勉強しましょう。

歯の形に合わせて磨く

人間の歯は、前歯や奥歯というように形が異なっています。 それぞれに応じて、ふさわしい磨き方があるので実践してください。 前歯は磨くのは簡単なので、虫歯などの病気になる人は少ないです。 しかし奥歯は磨きにくいので、汚れを落とせなくなり病気になる人が多いです。

自分に合った道具

歯磨きの仕方は間違っていないのに、病気になる人がいます。 その場合は、歯ブラシに問題があると考えてください。 使い古した歯ブラシや自分に合っていないものでは、歯に余計な負担を与えるだけです。 買い替えの時期や、一緒に使った方が良い道具を知ってください。