歯磨きの仕方を知ろう

歯磨きの方法とは

毛先を使う

正しい歯ブラシの使い方は、毛先を使うことです。
歯の表面に毛先を当てて、ゆっくり動かしてください。
また、小さく歯ブラシを動かすことも大事です。
一気にたくさんの歯を磨こうとすると、適当になって上手く磨けません。
1本ずつ歯を磨く意識を持てば、汚れを確実に落とすことができます。

大きい歯ブラシを使っている人は、磨きにくいと感じる可能性があります。
自分に合っている歯ブラシを見つけることも大切なので、相性の良い製品に出会えるまでいろんな歯ブラシを使うことをおすすめします。
小さい歯ブラシなら、奥歯や細かい部分まで磨けるので使いやすいと感じるかもしれません。
歯ブラシなんてどれも同じだと思っているのは、大間違いです。

優しく磨こう

歯を磨く際は、何よりも優しい力で軽く擦ることが重要です。
強い力を入れて磨くと、歯が傷つきます。
みなさんは歯磨き粉を付けて磨くと思いますが、それは研磨剤です。
歯を削っているので、やり過ぎると歯がボロボロになってしまいます。
歯磨き粉をたくさん使って力を入れて磨く行為は、自分から歯の状態を悪くさせているようなものです。

これまでに力を入れて磨いていた人は改めて、軽い力で擦りましょう。
軽く触れる程度で十分です。
それでも、汚れは綺麗に落ちていきます。
また、歯ブラシのやわらかさにも注目してください。
柔らかい歯ブラシを使えば、歯を傷つける可能性が低下します。
どうしても力を入れてしまう人は、歯ブラシを変えましょう。