歯磨きの仕方を知ろう

歯の形に合わせて磨く

デコボコしている部分

デコボコしている部分は、磨き残しが出やすいと言われています。
どれも同じように磨くのはいけません。
それぞれの歯に合わせて。歯ブラシを動かす必要があります。
ですから、1本ずつ磨いてください。
それならそれぞれの歯の形に合わせることができるので、磨き残しが発生する心配はありません。

忙しい時は1本ずつ磨くことができないかもしれないので、夜に意識してください。
夜なら時間をゆっくり確保することができると思います。
また、朝の時間を工夫して歯磨きの時間を長く確保するのもおすすめです。
いつもより5分だけでも早く起きると、歯磨きの時間を長く使えます。
生活習慣を変えるのは大変ですが、歯の健康を守るためなので頑張ってください。

奥歯の磨き方

普通に磨くと、奥歯はとても磨きにくいです。
ですから、少し工夫が必要になります。
まずは鏡を用意してください。
すると自分の目で奥歯を確認できるので、歯ブラシがきちんと歯に当たっているか判断できます。
また歯の表面を磨くことは重要ですが、それだけを意識しないでください。
歯と、歯茎の間に汚れが溜まりやすいと言われています。
その部分も丁寧に磨くことで、本当に虫歯予防ができます。

歯と歯茎の境目は特にデリケートなので、磨きすぎたり力を入れすぎたりするとすぐに血が出ます。
適度な力加減を知ってください。
奥歯は、他の歯よりも念入りに磨く意識を持っていれば大丈夫でしょう。
見えない部分まで磨くために、工夫することが大事です。